名古屋市の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

名古屋大学医学部附属病院の転職看護師の給料・年収と口コミ・評判は?

名古屋大学医学部附属病院

「名古屋大学医学部附属病院に転職したい」

このように思っている看護師さんは、まずは名古屋大学医学部附属病院について詳しく調べましょう。

名古屋大学医学部附属病院は名古屋市内でも人気病院&有名病院ですが、あなたに合う病院とは限りません。

名古屋大学医学部附属病院があなたに合う病院かどうか、転職すべき病院かどうかを確かめるためにも、名古屋大学医学部附属病院に転職した看護師の給料・年収や働きやすさの口コミ・評判を確認していきましょう。

 

 

名古屋大学医学部附属病院に転職した看護師の給料・年収と口コミ・評判のまとめ

名古屋大学医学部附属病院に転職した看護師の給料・年収例

名古屋大学医学部附属病院に転職した看護師の給料・年収例は20代前半で400~500万円、20代後半で450~550万円、30代前半で500~600万円です。

 

名古屋大学医学部附属病院の給料と待遇のバランス

名古屋大学医学部附属病院の看護師の給料は平均~高めです。

年間休日数は多く福利厚生も充実していますが、忙しく激務であるため、「忙しさ給料は見合っていない」と感じる人が多いです。

 

名古屋大学医学部附属病院に転職する看護師のメリット

  • 給料は平均以上を稼ぐことができる
  • 年間休日数が多く、長期連休を取ることもできる
  • スキルアップに適している
  • 福利厚生が充実している

 

名古屋大学医学部附属病院に転職する看護師のデメリット

  • とにかく忙しく、病棟によっては残業が多い
  • 好きな時に有給を使うのは難しい

 

名大病院はこんな看護師におすすめ

  • とにかくスキルアップ重視で転職したい
  • 最先端の医療の中で経験を積めれば、忙しくても我慢できる

 

 

名古屋大学医学部附属病院に転職した看護師の給料・年収・ボーナスは?

名古屋大学医学部附属病院に転職した看護師の給料・年収を年代別に調べました。

愛知県の病院看護師の給料・年収・ボーナスとの比較もしています。

 

名古屋大学医学部附属病院に看護師が転職した時の年収・給料と平均との比較

名古屋大学医学部附属病院に転職した看護師の年代別の年収例はこちらです。

  • 20代前半:400~500万円
  • 20代後半:450~550万円
  • 30代前半:500~600万円

名古屋大学医学部附属病院の看護師の年代別年収例は、あくまでも目安です。

残業時間や夜勤回数によって、給料・年収は異なります。

特に、残業は病棟によって全然違うという口コミがありますので、残業時間(残業手当)で給料・年収は大きく変わると考えて良いでしょう。

次に、名古屋大学医学部附属病院の看護師の給料・年収を愛知県の病院看護師の平均給料・年収を比べてみましょう。

愛知県の病院看護師の平均給料・年収は看護協会と厚生労働省のデータから算出しました。

<30代前半看護師の年収例>

  • 名古屋大学医学部附属病院:500~600万円
  • 愛知県の病院看護師の平均:498万500円(給料332,125円)

名古屋大学医学部附属病院の看護師の年収は、最低でも愛知県の病院看護師の平均とほぼ同じになります。

残業時間や夜勤回数、役職等によっては、平均を大きく上回る年収になることもあります。

名古屋大学医学部附属病院で働く看護師からは、「周辺の病院よりも多い」という口コミや「さすが大学病院と思える年収」という口コミがあります。

ただ、「給料は高いかもしれないけれど、忙しさには見合っていないように思える」という口コミもあり、給料と待遇・忙しさのバランスはいまいち取れていないのかもしれません。

 

名古屋大学医学部附属病院の看護師のボーナスと平均との比較

名古屋大学医学部附属病院の看護師のボーナスは、口コミによると4ヶ月分程度が支給されるようです。

看護協会と厚生労働省のデータから算出した愛知県の病院看護師の平均ボーナスは、約3.9ヶ月分ですので、名古屋大学医学部附属病院のボーナスは平均よりもやや多い程度と言えるでしょう。

「国立大学病院だから、ボーナスは安定している」という口コミがあります。

また、「ボーナスは多い」という口コミも複数あったので、ボーナスに関しては看護師の満足度は高いと言えるでしょう。

 

 

名古屋大学医学部附属病院に転職した看護師の口コミ・評判もチェックしておこう!

名古屋大学医学部附属病院に転職した看護師の給料・年収がわかったところで、次は働きやすさを確認していきましょう。

「忙しさに見合っていない」という口コミは本当なのかを、看護師の働きやすさの口コミ・評判で検証していきます。

 

名古屋大学医学部附属病院の基本情報

名古屋大学医学部附属病院

所在地

名古屋市昭和区鶴舞町65

最寄り駅

JR中央本線鶴舞駅徒歩3分

病床数

1080床

看護師数

1200名

看護体制

7:1看護体制

看護方式

固定チーム継続受け持ち制、PNS

勤務体制

2交代制または3交代制

年間休日

4週8休

診療科

内科・神経内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・血液内科・腎臓内科・老年内科・小児科・小児外科・呼吸器外科・脳神経外科・整形外科・形成外科・放射線科・麻酔科・リハビリテーション科・消化器外科・移植外科・眼科・耳鼻いんこう科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・精神科・児童精神科・病理診断科・救急科・歯科口腔外科

開設

明治4年5月

連絡先

052-741-2111(代表)

 

名古屋大学医学部附属病院の業務内容の口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院は、とにかく患者の重症度が高いとの評判です。

患者さん1人1人の重症度が高いため、オペ前オペ後の看護や処置などやるべきことが多く、看護師の業務負担は大きいです。

「超急性期でやりがいがある」という口コミがある一方、「あまりにも忙しいために、長く勤めることはできない」という口コミもありました。

 

名古屋大学医学部附属病院の残業や勤務時間の口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院の平均残業時間は、月10時間です。

ただ、病棟・部署によって残業時間は大きく異なり、「残業はほとんどない」という口コミもあれば、「毎日2時間はざら」という口コミもあります。

残業代に関しては「15分単位でしっかりつけてもらえる」という口コミが複数ありますので、残業した分はきちんと支払われるようです。

 

名古屋大学医学部附属病院の年間休日数や夏休みの口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院では年間休日数は130日近くあります。

4週8休+祝日+年末年始休暇+夏季休暇です。

「希望していなくても、毎月まとまった連休が貰える」との口コミがあります。

夏休みは夏季休暇として6日間付与され、それに公休や有給をつけて、最大10日間の連休を取ることができ、海外旅行に行く看護師さんも少なくありません。

 

名古屋大学医学部附属病院の有給休暇や休み希望の口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院では、年間の平均有給消化日数は10日となっています。

このデータから有給消化率は50%以上はある計算になりますが、ただ実際に働く看護師からは「有給はあまり使えない」という口コミが複数ありました。

これは、部署・病棟によって有給消化率に差があること以外にも、シフトの中で勝手に有給をつけられて、自由には使えないということが考えられます。

休み希望は月5日まで出すことができて、希望は通りやすいようです。

 

名古屋大学医学部附属病院の教育制度の口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院の教育制度は、クリニカルラダー制度に基づいています。

院内研修はもちろん、部署ごとの勉強会もたくさんあり、「急性期看護を学ぶには最適の病院」という口コミがあります。

ただ、時間外の研修が多いこと、さらに課題が多いことなどを負担に感じるという口コミもありました。

 

名古屋大学医学部附属病院のキャリアアップの口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院では、認定看護師・専門看護師・特定行為研修などの支援制度があります。

病院に在籍しながら研修を受けることができるほか、入学金や授業料などの補助を受けることも可能です。

 

名古屋大学医学部附属病院の福利厚生の口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院は国立大学病院ですので、福利厚生は充実しています。

文科省共済組合に加入するほか、各種割引などの補助もあります。

看護師からも「福利厚生は満足」という口コミが多かったです。

 

名古屋大学医学部附属病院のママナースの働きやすさの口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院には付属の保育園がありますので、ママナースは安心して働ける環境です。

「ママナースが増えてきている」という口コミもあります。

時短勤務で夜勤や残業を免除してもらえることが多く、仕事と育児を両立させることができます。

ただ、病棟によってはママナースでも関係なく残業しなければいけないこともあり、ママナースの働きやすさは配属部署による部分も大きいです。

 

名古屋大学医学部附属病院の施設や設備の口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院は、病院の建物自体は新しくはありませんが、清潔さは保たれていて、最新の医療設備が整っています。

物品に関しても十分にそろっていて、コストは気にしつつも、必要な分はケチケチせずに使うことができます。

 

名古屋大学医学部附属病院の職場の雰囲気の口コミ・評判

名古屋大学医学部附属病院では忙しいこともあり、雰囲気はピリピリしていることが多く、「穏やかに和気あいあい」というわけにはいかないようです。

また、「中堅看護師が少ない」という口コミが複数あり、お局看護師の顔色をうかがいながら、若手看護師が仕事をするという部署も少なくありません。

 

名古屋大学医学部附属病院に転職したい!最新の看護師求人情報を入手しよう!

この病院に転職したい看護師は転職サイトを利用しましょう。

転職サイトでは、名古屋市内の人気病院の求人を非公開求人として取り扱っていることがあります。

もし、求人を取り扱っていなくても、逆指名で病院に採用予定はないかなどを問い合わせてくれます。

また、配属交渉や年収交渉をしてくれますので、より良い条件で転職できる可能性がありますよ!

履歴書の添削や面接対策など採用のための指導もしてくれますし、名古屋市内でこの病院よりもあなたの希望に合う病院はないかどうかも探してくれます。

「転職しようか迷っている」という段階のあなたには、転職コンサルタントが相談に乗ってくれますので、あなたの将来を決める手助けをしてくれます。

もちろん、相談して「やっぱり転職しない」という決断もOKです。

転職コンサルタントはすべてのサービスを完全無料で使えますので、気軽に登録してみてくださいね。

名古屋市の看護師求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを利用するメリット

  • 現在求人募集が出ている病院は人気ランキング内にあるのかを確認、的確なサポートを受けられる
  • 一般には公開していないレアな好条件の非公開求人を出してくれる場合がある
  • ランクインしている病院の他にも、働きやすく条件の良い病院を多く紹介してもらえる
  • 看護roo!

    看護roo!

    名古屋市内の求人なら、看護roo!が強いです。看護roo!なら、表に出ている求人だけではなく、非公開求人も紹介してもらえます!まずは登録して、ご希望の病院と必要最低限の条件を担当のコンサルタントに伝えてみましょう。

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師は都市部の求人に強いので、名古屋市内の求人を探す場合には、やはり外しては考えられません。看護roo!と併用して、求人の取りこぼしがないようにしましょう!

このページのトップへ戻る